知識を問題解決の道具に

社会に出て教師を志すようになってから学ぶことが楽しくなった。小学校の日々授業中の教材研究をする中で様々な感動があった。小中高大学校時代全く面白くなかった勉強。きっとそれは知識を覚えるための目的だったからだと思う。その知識を道具とし、どう活用して課題解決に結びつけていくのか。「勉強しなさい!」とついつい子ども言ってしまうが、本当の学びにはなっていないな。

山口ごろうOfficial site

LINE でのシェアをよろしくお願いいたします!

↓ ↓ ↓ ↓ ↓

メニュー